憧れの南欧住宅🛫

“青空と太陽に愛される家。南欧風住宅とは”

南欧の家づくりとは?

 南欧とは、ヨーロッパの南部地方一帯、フランス南部、モナコ、スペイン、イタリア、ギリシャなど、地中海に面した美しい景観と豊かな自然に囲まれたリゾート地を指します🌍

インテリア雑誌などによく登場する「プロヴァンス」とは、フランス南東部、ローヌ川からイタリアの国境にかけての地中海に面する地域のこと🇫🇷


夏は日差しが強いものの、湿度の低いさらりとした気候で過ごしやすく、きらめく太陽と青空に恵まれた海沿いの街に立ち並ぶ、味わい深くてかわいい家たちが南欧住宅です🇮🇹

南欧住宅は、陽気な気候の人々の気質が反映されているせいか、温かく開放的な雰囲気が特徴です🛳
塗りむらも味わい深い漆喰の壁、あたたかみのある色合いの屋根瓦やテラコッタタイル、自然を連想させるカラーで統一されたインテリア、玄関扉や窓のアーチの曲線美など、その一つひとつが居心地がよく、くつろいだ空気を作り上げていきます🇵🇹
その背景には何百年も受け継がれている伝統的な建築方法があります。

壁に使用されている漆喰もそのひとつ。
古くからレンガや石積みの壁の家がつくられてきたな南欧では、家の強度を増すためには壁材を漆喰で仕上げる方法が定着しました🧱
ヨーロッパは漆喰の原料となる良質な石灰は豊富だったことから、漆喰技術が育まれたのでしょう🇪🇸

褐色の屋根瓦と白壁とのコントラストも特徴的です。


素朴な素焼き瓦を使用するのがプロヴァンス風ですが、南欧では屋根瓦はその家の誇りでもあり、何世代にもわたって大切に引き継がれていきます。年月を重ねることで色が変わったり、苔が生えたりすることで、まるで紅葉した葉が重なるように味わい深い屋根へと変化していきます⏳

漆喰の壁や素焼き瓦だけでなく、南欧住宅は建具やインテリアにも、自然の素材が使われています。木の扉や梁、無垢材やテラコッタの床、天然石のタイルなど、年月を経ることによって味わいが深まっていく「経年美」を楽しめるのものばかりです。門扉やフェンス、照明器具には、南欧の伝統工芸であるロートアイアンが取り入れられることもあります🇬🇷

豊かな自然とともに生活し、先祖代々受け継いだ家や家具を補修しながら使う。流行に左右されるのではなく、愛着を大切にする。何百年も受け継がれてきた人々の知恵とぬくもりのある暮らしこそが、南欧住宅のもっと大きな特徴かもしれません🌞

🌻南欧住宅の完成見学会のお知らせ🌺

お気軽にご質問してください 
📞0197-47-4451  

現地📳090-4886-8811

uwabe@cho-ju-ie.co.jp